【トラックシートで薪作り】トラックシート薪をチェックした。

以前はこれが主流だった、トラックシートでの薪づくり。接地面にプラスチックパレットを敷いて、そのうえに置いて、それからトラックシートでカバーをしていた。

で、2年間乾燥。

このやり方はお手軽でいいけど、雨がつくので薪の質が安定しない。キノコがはえてきたりするし、水がつくと腐食菌の侵食も、虫食いも多い。

2018年に実験としてやったのがこれ。

地面に接するプラパレを1枚から2枚にして地面の湿気から遠ざけ、周りをプラパレで囲んで、トラックシートからの水滴が薪につかないようにカバー。当然トラックシートはその周りのパレットをカバーするかたちになる。

どうだったかというと

【トラックシートで薪作り】トラックシート薪をチェックした。

かなり大成功。

思っていたより質がいい。というか、すごく綺麗。

ただ、虫対策をしていなかったので、中に虫がいたけど、それでも全然上出来。

虫対策は置くタイプの殺虫剤とかでいい。

トラックシートと、大量のプラパレがある方はぜひ試してほしい。

ただ2年乾燥ね。

ここまで徹底して水にぬれないようにして、この結果なので、水濡れが質が悪くなるほぼ全ての元凶だったのではと思う。

1日ワンクリックのご協力をお願い致します。

ブログランキング参加中です。ご協力をよろしくお願いします。(是非とも1日ワンクリックをお願いします。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。

 

楽天スーパーセール
開催期間は2021年3月4日(木)20:00~2021年3月11日(木)01:59
エントリーしないとポイントいっぱいたまりません。エントリーはこちらからどうぞ!
お買い物をするチャンス!是非こちらからどうぞ!

フォローする