6月26日、やたら夕焼けがきれいだった。

もともと思った事をダラダラ書くのが好きな私は、アメブロの頃は、ワンダーデバイス生活として1日に最大8記事(平均2記事)とか書いていて、狂気の沙汰とか自分で思っていたのですが、アメブロから出てからは日常ブログを少し控えておりまして、その理由として、もっと内容の濃い、読む人にメリットのあるものを提供したいという使命感でがんばっていますが、やっぱり親近感とか感じられないのもアレなので、ちょこちょここういった日常ブログを書こうと思っています。

 

さて

昨日、嫁からメールがきて、

夕日がきれい

と来ました。

お前のほうが綺麗だよ

とか冗談でも言えないくらい太ってしまった嫁ですが、(昔はそれなりでした。今でも歳のわりには老けてないと思います。ぽっちゃりなので)外に出てみて見ると、

 

夕日がきれい

 

これは幻想的。
ファンタスティック!!

です。

ちなみに下の方にあるのは、薪棚です。

久しぶりにええもん見せてもらったわ〜とか思ってました。

 

ところで

久しぶりにええもん見せてもらったわ〜

とかいうシーンがあるなら、

どうせなら

海とかにいって、うら若き女性の水着姿や、あわよくばポロリとかをハプニング的に見たい

と思いました。

 

ふと棚を見ると、

薪棚

ちょいくずれかかっていたので、今朝、押し込んでおきました。

 

うん、今年は海に行こうかな。