【針葉樹乾燥薪】針葉樹を薪ストーブで焚く

針葉樹を薪ストーブで焚いていけないとか正直どこからそんな間違った常識が刷り込まれているのか。

実際、針葉樹にはヤニ、タールが広葉樹と比べ含まれているので、煙突は汚れやすいですが、ちゃんと乾燥されていれば燃料になりますし、汚れやすいといわれる煙突も毎年掃除をしていれば問題ありません。

要は、十分な乾燥と、毎年の煙突掃除

これは基本中の基本です。

長野県では、カラマツをメインで焚きますし、フィンランドなどの北欧では、そもそも広葉樹が少ないのです。

針葉樹薪を焚くことのメリットとデメリットを考えると、薪としては広葉樹に軍配があがるのかもしれませんが、ただ岐阜っていう立地でいうと、針葉樹は極めて手に入りやすい燃料となります。

【針葉樹乾燥薪】針葉樹を薪ストーブで焚く

【針葉樹乾燥薪】針葉樹を薪ストーブで焚く

実際のところ、私はこの2週間ばかり、針葉樹しか焚いていません。

2年乾燥の、針葉樹です。

針葉樹を2週間焚いた乾燥は以下のとおりです。

1 消費量が多い

2 燃え尽きるのが非常に早い

3 灰が極めて少ない

ですね。

家の性能が良いスキャンサームのユーザーとかは、鋳鉄のストーブのようにトロトロと燃料を焚かないので、むしろ針葉樹でいいと思う。

さて、1の消費量ですが、この時期まだ昼間は暖かいので夜の5時くらいから12時くらい焚きますが、4〜5回ほど、上の写真くらいの量を焚きます。

1回だいたい1束くらいです。そのくらいの消費量。

つぎに、2ですが

燃え尽きるのが非常に早いので、広葉樹薪を入れた時の感覚で熾ができてそろそろ薪を追加するかとか考えていると、火をつけないといけなくなります。

そのくらい燃え尽きるのが早いし、熾になってからが短い。

なので、そこそこ赤い熾がある状態で、薪を追加することになります。

そして3ですが、

本当に少ない。

2週間、一度も灰を出していない。そして4週間たってもきっと、灰をかきださなくても良さそう。

そのくらい灰が少ない。柿とは大違いです。

とまあ、そんな針葉樹ですが、おそらく11月いっぱいはひたすら我が家は針葉樹薪で暖をとる生活を続けると思います。

あと最後にいいますと、日本のヤニが多い松はストーブには向きません。他の針葉樹と比べ脂が多いので火力が強すぎるのでストーブを傷める可能性がありますし、ヤニで煙突が通常より汚れます。松をメインで焚くのはやっぱりオススメしない。

ただ長野県のユーザーがメインで焚いているカラマツは針葉樹といえど、落葉(紅葉する)するのです。つまり、冬は広葉樹のように葉がないのです。他の松と比べ、ヤニの含有量は少ないのです。

1日ワンクリックのご協力をお願い致します。

ブログランキング参加中です。ご協力をよろしくお願いします。(是非とも1日ワンクリックをお願いします。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。

 

楽天お買い物イベント
スーパーセールやお買い物マラソンなどのイベント時は、エントリーしないとポイントいっぱいたまりません。エントリーはこちらからどうぞ!
お買い物をするチャンス!是非こちらからどうぞ!

フォローする