モチ吉、OSB合板への塗装について

ブログランキング参加中(別タブで開く)
ブログランキング参加中(ボチっと押すと別タブで開きます)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
ワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。


OSB合板というと

こんなやつです。

強度があり、均一で反りも少ない構造材としても使われている

スグレモノなのです。

ワンダーデバイスの標準のアイランドキッチンの回りに使われています。

僕が建てた2013年の頃は、これに少し白い塗装が施されていました。

さて

OSB合板への塗装についての考察です。

私としては、基本的にはダニの発生を防ぎたいというのが主な目的です。

ダニの発生に一役かっているのが、結露。いわゆる表面結露というもので

ダニのほかにもカビなど、人体に悪影響を与えそうなものが発生します。

さて、参考情報ですが

ガードラックのページから

http://guardlac.jp/9359

ふむふむ

流通しているOSBの約7割を占める北米産のものは、

荒材が混じっているものが多く、

ヨーロッパ産のOSBは表目がきれいな素材が多いそうです。

なんだと!!!

参考

http://www.sakuma-mokuzai.com/eco_board_osb.html

http://www.outlet-kenzaiya.net/SHOP/osb00001.html

なるほど、本当にヨーロッパ産とうたって売られているものがある・・・

また、ガードラックさんの記述に気になる情報が

>表面を研磨していない状態で塗装すると、はじいてしまう可能性があります。

>塗装をする場合には、サンダー等で表面の丁寧な研磨が必要です。

・・・

なんだって・・・

ということで

BESSのワンダーデバイス標準の

BESSオリジナルの塗料のベースの

ノンロットさん(三井化学産資株式会社)に

問い合わせてみました。

問い合わせ事項は以下のとおり

1 OSB合板への塗装が可能か?

2 サンドペーパーでの下処理をしなくても問題ないか?

ですが

企業様からの回答をそのまま掲載するのはちょっとアレなので、

かみくだいて表記しますと

1 OSB合板は広葉樹アスペンを使用していることが多く

  どの材種であるか確認も必要

2 アスペンは広葉樹ですが、軽くやわらかい材料なので塗装に

  不向きではない。塗装は基本には可能。

3 しかし、OSB合板は木材をチップ状にし、接着剤を塗し

  高温プレスで成型してあり、表面(塗装面)に接着剤がついている。

4 下処理しないと接着剤が含浸を阻害し、塗料をはじく可能性がある。

 

5 含浸させて性能を発揮する製品なので、サンドペーパー等での

  下処理は必須。

とのこと。

一般的には、OSB合板に塗装をするのは手間がかかる作業ですので

サンドをかけ、塗装するという手間を惜しまなければ可能ですが

大抵は塗装はしないと考えられます。

ということで、

ノンロットにおいても、ガードラックにおいても、

OSB合板に塗装する場合は、

手間をおしまなければ、

サンドをかけてから塗装をしましょう

というお話。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする