【薪割り】傷んだカシ玉を仕分ける。

山師から購入したカシのうち、2本くらいが芯が傷んでいたりしまして、こういった玉はそのままでは売り物として出す事ができませんので、機械で割って、傷んでいないところを売るということになります。

勿論傷んだところは自宅用の薪になります。

【薪割り】傷んだカシ玉を仕分ける。

マシンを出して割って行くんですが、

こういった傷んだ原木って、工夫していたんだところを避けて薪を作る必要があるので、手間が全然違うんですよね。3倍、4倍手間がかかる。まだ機械だからいいのかもしれないけど、手斧だったらドンピシャで傷んだ所の手前で割るのは難しいだろうし。

【薪割り】傷んだカシ玉を仕分ける。 【薪割り】傷んだカシ玉を仕分ける。

傷んだ部分は、こうやって移動しておきます。

まあ、これでも欲しいって人は実際いるんですけどね。燃料っていう考え方だと、燃えるならなんでもいいっていう考え方もありますし。

【薪割り】傷んだカシ玉を仕分ける。

お客さん用のカシ玉はこれだけ用意できました。

朝焼けがまぶしいぜ・・・

最高の薪になりますよ。

クッソ重たいし硬い

ですが。

1日ワンクリックのご協力をお願い致します。

ブログランキング参加中です。ご協力をよろしくお願いします。(是非とも1日ワンクリックをお願いします。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。

 

楽天お買い物マラソン開催!
開催期間は〜26日01:59まで!
エントリーしないとポイントいっぱいたまりません。エントリーはこちらからどうぞ!
お買い物をするチャンス!是非こちらからどうぞ!

フォローする