へー、ドブレ640にWDが出たんですね。

1日ワンクリックのご協力をお願い致します。

ブログランキング参加中です。ご協力をよろしくお願いします。(是非とも1日ワンクリックをお願いします。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。

 

正直知らなかった。

ドブレ640CBJの歴史は16年だったこと。

ドブレ640CBJの歴史は16年だったこと。

これは長いか短いかっていうところは別として、このドブレ640CBJは、

BESSの家を建ててこの薪ストーブを導入した人が結構多い

と思う。

僕の周りでも結構いる。

実際のところ、コスパが非常にいい製品だと思う。

今度新しく、

DOVRE640WD/760WDがデビュー!

ドブレ640WD

あれ、色が濃く黒くなってる!

小生も昔はピンク色だったのですが、今では使いこなされて赤黒くなってしまっています。

ああ

そっちじゃないですね。

DOVRE640WD/760WDがデビュー!

性能はどう違うんですか?

っていうところなんですが

http://metos.co.jp/news/20180901-dovre640760.html

ドブレ640WDの特徴

1 シャープなフォルム

オリジナルみたいに見えるけど、微妙にシャープなフォルムになっており引き締まったボディになっている。

2 一体式のドアハンドル

着脱式のドアハンドルから変更

3 吸気レバーが1本に。

よりシンプルになったみたいです。

4 外気導入が標準化

これは高機密住宅用なんでしょうけど、事故等が起きないような配慮ですね。

5 バーミキュライトで熱効率アップ

炉内にバーミキュライトを使う事によって、熱効率を上げています。同時に煙の発生量も少なくなる訳です。バーミキュライトのパネルが敷き詰めてあります。

6 炉内の構造がよりデザインされています。

デザイン性と効率をアップしたみたいです。

ドブレ640WDの特徴

意匠関係は別として、

レバーをシンプルにして、外気導入ユニットの標準化とバーミキュライトが隙間なくある炉内は、グレードアップしたといえる。

ケチをつけるところがあるとすれば、以前と比べ消耗品としてバーミキュライト交換が発生しているっていうところかな。まあ、それはそのデメリット以上にメリット(煙がすくない、熱効率が良い等)が大きいので、僕は良しとしますけどね。

ブログランキング参加中(ボチっと押すと別タブで開きます)

ブログランキング参加中です。ご協力をよろしくお願いします。(是非とも1日ワンクリックをお願いします。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

ワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。

お買い物をするチャンス!是非こちらからどうぞ!

フォローする