ファイヤーサイドのキンクラに「キング」が出たっ!!

ブログランキング参加中(別タブで開く)
ブログランキング参加中(ボチっと押すと別タブで開きます)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
ワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。


あのキンクラにキング!堂々登場!!

キンクラキング

キングの前にクイーンは?

じゃなくて

でっかいキンクラが登場したというお話。

大は小を兼ねるということで、

そりゃうんこする時、おしっこもでるよねとかそういう事じゃなくて、大きい事はいいことだとか、そりゃBカップよりDカップのほうがいいとかそういう事じゃなくて、まあとにかく、デカイくて良いんです。

気になるスペックは

サイズ:直径260(リング外径)×H430mm
重 量:9.5kg 太さ18cmまで、長さ30~60cmの薪に対応
材 質:ダクタイル鋳鉄

そして

キンクラ対比

キングとキンクラの大きさ比較しますと
その差は、高さ12cm、リング径7cm、重量4.7kg。

キング、結構重たい。

でも、お高いんでしょう?

ということで気になるお値段は?

¥22,000(税別)

ちなみに通常のキンクラは¥15,000(税別)

太さ18cmまでの薪に対応するってあるけど、18cmの薪はキンクラではちょっと抵抗感が発生するような気がします。実際体験してないのでなんともいえませんが。

どちらにしても、細い焚き付けだけなら普通のキンクラでも十分。

ただ

斧で超割り難い10cmくらいの枝(立てるのが難しい)とかはこのキングが向いているかもしれません。

ちなみに刃の模様ですが

キンクラキング

刃の部分に、美しく繊細な模様が描かれておりまして、これは、映画『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』『アバター』などの人物、衣装、小道具のアートワークを手がけ、 アカデミーメイクアップ賞、視覚効果賞、衣装デザイン賞を受賞した、ニュー ジーランド出身の映像クリエーター、リチャード・テイラー率いるWeta Workshopのデザインだそうです。

カッコいいです。

このキンクラキングは、キンクラも当店で扱っています。薪の納品時に一緒に納品することもできますので、最低1週間くらい前にご注文くださいますよう、よろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする