【薪割り】先日回収したカシとケヤキを焚き火用の薪サイズで割る

焚き火用の薪サイズって、うちの場合少し細めなんですよね。

どちらかというと

薪ストーブ=急な消化の必要はない。火持ちが良いように太い

焚き火=着火が早い+消化にロスがないように細い

な感じ。

つけっぱなしの薪ストーブと比べ、焚き火は風が強くなったり、寝るタイミングで消化したりするので、あんまり太いとロスが発生しちゃうんですよね。

あとはあまり太い薪では、焚き火ユーザーの持っている手斧やナタでは割りにくいっていう理由があります。ナイフで割るっていう人もいるでしょうし。

そんな理由でせいぜい直径5cmくらいですね。

薪割り機を出します。

280kgありますけどこの機械

【薪割り】先日回収したカシとケヤキを焚き火用の薪サイズで割る

だいたい40分くらいで先日の玉は全部わってしまって

【薪割り】先日回収したカシとケヤキを焚き火用の薪サイズで割る

こうなりました。

手前がシラカシ、後ろがケヤキです。

数日置きますが、あんまり待ってもいられないのでそこそこで薪棚に入れます。

1日ワンクリックのご協力をお願い致します。

ブログランキング参加中です。ご協力をよろしくお願いします。(是非とも1日ワンクリックをお願いします。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。

 

楽天お買い物マラソン
開催期間は2021年3月21日(日)20:00~2021年3月28日(日)01:59
エントリーしないとポイントいっぱいたまりません。エントリーはこちらからどうぞ!
お買い物をするチャンス!是非こちらからどうぞ!

フォローする