針葉樹薪をダンボールに入れて発送する際の計算覚書

ブログランキング参加中(別タブで開く)


ブログランキング参加中(私の元気の源。是非とも1日ワンクリックをお願いします。)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
ワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。


薪の発送について、薪の発送をアローボックスを使って発送しようとしたら、

お届け先が法人でないといけない

というルールがありまして、一般家庭への発送が困難となりました。
(電話確認したところ、自営業、個人事業主でもダメと言われました。)

法人じゃなくても送っている業者さんとかいるみたいですが、見直し入ったら発送できなくなるので安定供給は難しいのではとか思っています。

ダンボールに入れて発送するというサービスも以前考えましたが、実際のところ非効率的であるのに違いないです。

ただ需要があれば対応するのが商売っていうもので、うちの太い薪を入れて発送するより先に、比較的商品として清潔で軽い針葉樹の焚き付け薪の発送を考えました。

1束というのは

1束

だいたいこのくらいってネットで出ています。

長さはうちの薪は40cmが標準ですが、針葉樹の焚き付け薪に関しては30または35cmに切っています。

まあ、上記にあてはまります。

円形ですので、これをダンボールという立方体に入れるのは計算しずらくお客様側にロスが発生します。

そしてこの断面の表面積を計算しますと

計算式

半径×半径×3.14

そうすると、397.4となりまして、これを計算しやすいように400とします。

薪の計算式

400は、1辺20cmの資格だと思うと、計算しやすいですね。

そうすると、

薪用ダンボール

このようなダンボールに入れると、だいたい4立米分入る訳です。

薪の長さ35cmとして

この奥行きが50cmとしたら

だいたい5立米強のおまけつきくらいの量が入るものとなります。

だいたいの計算合ってますかね・・・

ということで、

こんな感じの箱を探そうと思っています。

ブログランキング参加中(ボチっと押すと別タブで開きます)

ブログランキング参加中(ボチっと押すと別タブで開きます)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
ワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする