焚き付けとかの乾燥具合等

ブログランキング参加中(別タブで開く)
ブログランキング参加中(ボチっと押すと別タブで開きます)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
ワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。


昔は10月10日が体育の日でしたよね。

子供の頃、「体育」を「たいく」と言ってましたが、

正式には「たいいく」

どうしてもこの違和感が拭えません。

皆さんはどうでしょうか。

さて

焚き付け、皆さん作ってますか?

僕は、ガッツリ作ってますよ。

10月はガッツリと薪ストーブを焚くのはやめて、焚き付けとか針葉樹だけでいってもいいというくらいです。

とりあえず、お店の前にも

焚き付け

これは

定期的にひっくりかえさないと乾燥が甘い

乾燥玉

この乾燥したヒノキの玉は、焚き付けになるんですがなんだかんだ椅子になってます。虫もつかなくていいんですが、もう少し大きくても良かったかなと。

そして

ハンパ薪

今年の2月くらいに作ったハンパ薪、そこそこ乾燥が進んでますが、ガッツリ今年焚くのは厳しそう。

もう少し寒くなって乾燥する時期になったら改めて井桁組にして、乾燥を進ませようと思っています。

これは友人の薪ストーブ用なんですが、発注したの覚えているんだろうか・・・

まあ、忘れていたらイントレとかの小型ストーブのお客さんに案内するけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする