【メトス新製品】メトスから、コンツーラCi51 Fika(フィーカ)が出た!

ブログランキング参加中(別タブで開く)
ブログランキング参加中(ボチっと押すと別タブで開きます)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
ワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。


メトス新製品の続編です。

コンツーラCi51 Fika (フィーカ)登場!
http://metos.co.jp/products/kamin/builtin/contura/ci51fika.html

ということで画像はこれ

コンツーラCi51 Fika (フィーカ)登場!

コンツーラCi51 Fika (フィーカ)登場!

うん、基本的には

スキャンサームと同じ感じで、

暖房器具より、暖房家具

っていう感じのコンセプトになっている感じです。

っていうか、

スキャンサームのバランスに極めて近い感じ

スキャンサーム バランス
http://www.skantherm.jp/balance/

まあ、意匠についてはここではコメントしません。

さて、話しをもどして

コンツーラフィーカの件ですが

進化したフリースタンディング暖炉
住環境に調和したデザインと機能
3面ガラスに広がるシルクファイヤー
4段階の給気コントロール
パワーストーンによる蓄熱

ということで、

炎は綺麗そうですね。

気になるスペックは

コンツーラフィーカ スペック

ん〜

もう少し詳しく知りたい。

ただ金額はそこそこしますね。

規格1サイズで

薪長さ50cmというのはいいですね。

実際の商品の高さをみてみないとわからないんですが、テレビとか上に置いても違和感ないのだろうか。あるだろうな。

ステレオとかスピーカーは良いかも知れない。上の黒いボックスは煙突隠しで遮熱してあるだろうし。(そんでも直に置かないでゲタはかせるべきだろうけど)

ただ薪ストーブの機能がありながら、前に出すぎない薄型(奥行き50cmのみ)だっていうことは良いのかも知れない。ストーブ下に、ホコリもたまらないしね。

これからこういった、薪ストーブを暖房器具という考え方から、暖房家具にするっていう考え方になっていくんだろうか。確かにシーズンオフは、真夏のストーブ料理以外は全く必要のないものなんだけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする