モチ吉、薪ストーブと薪棚と薪ストーブライフの位置関係について その2

ブログランキング参加中(別タブで開く)
ブログランキング参加中(ボチっと押すと別タブで開きます)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
ワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。


はい続きです。

要は、

1 軽トラ等から薪棚までの移動距離
2 薪棚から室内までの移動距離
3 2が全天候ならなおさら良いのでは
4 勝手口又は外部薪棚からストーブまでの距離

をできるだけ短くする工夫があるといいと思います。


軽トラから薪棚まで、自宅庭を横断するより、
薪棚の傍まで軽トラを持って来れたら良いですよね。

2・3
薪棚から室内までの移動距離は、夜間家から外に出る時間の
短縮や、雨天時に雨に濡れたりするリスクを軽減します。


薪って自然のものです。
それを持って家に入るので、ささくれや細かな木屑がどうしても落ちます。
掃除機などをあとでかければいいんですが、移動距離は長ければ長い程
屑は落ちますし、その分裸足で歩くので足にささくれが入る
リスクが増えます。
我が家は去年娘が足にささくれが刺さってとげ抜きとマチ針で
ほじくって取りました。

薪の移動って、薪作りをしていらっしゃる方はご存知の通り

切る事よりも
運搬が大変

なのです。

薪作りをしていると、薪になった地点で、終了みたいに感じてしまう方も
いると思いますが、実際生活面では薪棚からストーブまでの移動距離も
重要だと私は思っています。
より快適な薪ストーブライフにするために、
この

自宅の棚からストーブ迄の
薪の移動距離

これもよくご考慮いただきたいと思います。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする