モチ吉、薪ストーブと薪棚と薪ストーブライフの位置関係について その1

快適且つ楽しい薪ストーブライフに重要なこと。
それは

情熱

これは間違いないのですが、
私も3年目になってきまして、薪ストーブの楽しさもそうなのですが、
薪ストーブが、我が家の冬の生活に一体化していることを実感しています。
我が家では薪ストーブは冬、メインで暖房をとるものとして
導入したのですが、完全に「暖房器具」として確立した存在に
なっています。

ただ3年経っていえること、それは、毎日というか、数時間に1回、薪を
棚から家に入れる作業があるのですが、これに関して我が家は実に
快適であることを実感してます。

我が家は庇をワンダーデバイスに付け、
その庇の一部を薪棚にしました。
http://ameblo.jp/otantinbou/entry-11959327476.html

勝手口から薪棚まで、雨に濡れずに移動でき、
さらに雨の日でも当然濡れる事はありません。
勝手口のすぐ横にストーブがあるので移動ロスがありません。
また、家と薪棚が離れているので、蟻の不安からも取り除かれます。

さて、
タイトルに戻りますが、

できることなら、
薪ストーブライフ(特に日々の投入薪の移動)自体を快適にするには、

できれば設計段階から導線の
工夫していただきたい

ということ。

原木から薪がストーブに入るまでを考えてみよう。

1 原木を現場または土場で切る
2 土場または自宅庭で薪にする
3 薪を薪棚に入れる
4 薪が乾燥したら薪棚から家内のストッカー等に入れる
5 ストッカーからストーブに薪を投入する

だいたい、この5段階ではないでしょうか。

では1~5までの移動手段は?

1 原木を現場または土場で切る
↓ 車で移動
2 土場または自宅庭で薪にする
↓ キャリアーまたは手作業
3 薪を薪棚に入れる(土場で割った場合は車から直接薪棚)
↓ 手作業
4 薪が乾燥したら薪棚から家内のストッカー等に入れる
↓ 手作業またはカンガルーキャリー
5 ストッカーからストーブに薪を投入する

ここで導線を作っておくことをオススメします。

ちょい中途半端ですが つづく

1日ワンクリックのご協力をお願い致します。

ブログランキング参加中です。ご協力をよろしくお願いします。(是非とも1日ワンクリックをお願いします。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。

 

楽天お買い物マラソン
開催期間は2021年3月21日(日)20:00~2021年3月28日(日)01:59
エントリーしないとポイントいっぱいたまりません。エントリーはこちらからどうぞ!
お買い物をするチャンス!是非こちらからどうぞ!

フォローする