薪ストーブの炉内の火力が足りないときは針葉樹をガッツリ入れる

ブログランキング参加中(別タブで開く)


ブログランキング参加中(私の元気の源。是非とも1日ワンクリックをお願いします。)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
ワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。


結構薪ストーブの中に薪を入れた時、妙に火が大きくならなくて、不完全燃焼というか、暖かくならない時ってありますよね。

過密に薪を詰めすぎたりした時とかになるのかな〜とか思いますが、そういうときって、火かき棒で少し隙間をあけてあげると勢い良く燃えるようになったりします。

で、

たまたまそんな状況だったので、僕は火かき棒で隙間をあけてもどうも良くないときは、針葉樹を入れます。

薪ストーブの炉内の火力が足りないときは針葉樹をガッツリ入れる

たまたまこんなスライスが出てきたので入れましたが、実をいうと割らずにこういったスライスをして薪ストーブを楽しんでいる方も僕の知り合いでいらっしゃいます。

ただ、チェーンソーのソーチェーンの消耗がハンパないとおもいます。

針葉樹でも広葉樹でも、乾燥を進めたいってことになると、厚みをせいぜい10cmくらいにするべきだし。

写真は、厚み4センチくらいですけど、よく燃えましたよ。

薪ストーブの炉内の火力が足りないときは針葉樹をガッツリ入れる

ブログランキング参加中(ボチっと押すと別タブで開きます)

ブログランキング参加中(ボチっと押すと別タブで開きます)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
ワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする