モチ吉、薪販売業者の薪の長さについての考察

ブログランキング参加中(別タブで開く)
ブログランキング参加中(ボチっと押すと別タブで開きます)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
ワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。


考察というか統計。

60社から調査しました。

50cm 1

45cm 11

40cm 32

38cm 2

37cm 1

36cm 13

35cm 15

33cm 3

30cm 23

26cm 1

21cm 1

15cm 1

ん〜

50cmの薪を売っている業者があるっていうのも驚いたんだけど

15cmっていうのも驚いた。

40cmの薪を販売している業者が最も多いのは想定内。

統計だけ見ると、

30、35、40でカバーした方が良さそうだ。

ところで35と36っていうのが1センチ違いだが2分されているんだけど

きりのいいところで35にしないで36っていうのは意味があるのだろうか

そこがミソっていうことなんかな。分からんけど。

だいたい1サイズで統一している所が多いのですが、

2サイズなら、40と35、35と45というパターンが多い。

あと

太い薪は40または45

細い薪は30または35

で制作している業者も多い。

実際のところ、炉内の空気の入る隙間の事を考えると、大きさにもよるが、

アンコールあたりなら35、40あたりが利便性がいいと思われる。

オールマイティにしたいなら、40といいたいが、

ピキャンオーブンやイントレのような、炉内の小さなユーザーもいるので

それもカバーしようとすると、仕事の手間が増えるが30という考え方もある。

まあ

うちの場合、40で太いのを作成し、それ以外はオーダーメイド

しているわけなんだが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする