ご存知?木材利用ポイント

木材ポイントというものがありまして、

ステージ岐阜で最大で60万ポイントゲットできます。

「木材ポイントって何?」ということですが、

http://mokuzai-points.jp/

http://suumo.jp/journal/2013/04/17/41826/

地域材の需要喚起のために地域材を活用した、

木造住宅の新築や内装・外装の木質化工事、

木材製品の購入などに対してポイントを発行し、

地域の農林水産物などと交換する制度。

要は住宅エコポイントに代わるものだと思って下さい。

1ポイント=1円

で、商品券、プリカ、地域の農林水産物などと交換できます。

木材利用ポイントをもらえるのは、次のような場合で

(1)木造住宅の新築や増築、購入

(2)住宅の床や内壁、外壁の木質化工事

(3)木材製品や木質ペレットストーブなどの購入

うむ、1、2はベスの家は地域材を使っていて、

林野庁に申請していれば適応される。

3は、ストーブ屋さんが申請していれば、適応されますね。

さて、気になる記述は

+++++

地域材の利用拡大に取り組む「登録工事業者」が施工したものに

限定されることだ。登録事業者とは、都道府県の協議会や

有識者委員会で認定され、事務局に登録された事業者のこと。

++++++

あったわ。

http://mokuzai-points.jp/constructor/list.html

なんだ、岐阜まだ準備中じゃん!!

ただ東京のアールシーコアはありました。(全国事業者のリスト)

ということは、期待できますね。

まあ、BESSがこの林野庁の「木材利用ポイント」の導入に伴う

働きかけをなにがしらか行って、地域材の導入を積極的にしてくれれば、

新規オーナーにとってちょっとした特典が手に入るということだ。

ワンダーデバイスで利用する木材が、地域材か、地域材ではないか

そして、使っている場合、そのパーセンテージ。

それが問題だね。

発行される木材利用ポイント数については、

新築は30万ポイント。

さらに、床や内壁、外壁にも地域材を使えば、

最大で60万ポイント

コレは大きい。

(当然、全部は無理だろう)

まあ、高い国産の地域材をわざわざ使うなんて、

住宅メーカーからしたら、狂気の沙汰なのかもしれないんだけど。

もし国産材の使用率で按分されるというシステムだったら、

その住宅メーカーが1棟の家を建てるのに、どれだけ国産材(地域材)を

使っているかと言うのが如実に分かるシステムになりそう。

さて、話はもどり、

(3)木材製品や木質ペレットストーブなどの購入

の件なんですが、

上限各10万ポイントのようです。

まあ、10%のようなので、値引きされて40万くらいのストーブになると、

4万ですな。

これは郡上市のように薪ストーブ補助金とかがなくても、

それに代わるユーザー特典ですね。

各薪ストーブメーカーの代理店さんは、皆さん申請されているんでしょうかね。

ファイヤーサイドさん、全国の薪ストーブ代理店さん。お願いします。

1日ワンクリックのご協力をお願い致します。

ブログランキング参加中です。ご協力をよろしくお願いします。(是非とも1日ワンクリックをお願いします。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。

 

楽天お買い物マラソン
開催期間は2021年3月21日(日)20:00~2021年3月28日(日)01:59
エントリーしないとポイントいっぱいたまりません。エントリーはこちらからどうぞ!
お買い物をするチャンス!是非こちらからどうぞ!

フォローする