モチ吉、伐採現場の木材について

ワンダーデバイスで薪ストーブの皆さん

こんにちは。

というか薪ストーブな皆さんこんにちは。

伐採現場の木材ですが、貰えない現場がありますよね。

大抵、公共事業等の為の開発伐採なんですが、

基本的に官庁から案内が出る案件に対し、

入札をして通った業者がやってますので、

その入札額の中に、伐採した木材の処分費用っていうのが入っています。

なので、処分用の予算が組んであるのに、

それを処分しなかったというコトが明るみになれば、

次回から入札に参加できなくなる可能性があります。

ですので、

あげたくてもあげれない

もらいたくてももらえない

という状況になります。

ちなみに山をもっている地主が道路にかかっている木材が

次回の災害時に道路側に倒れてきたり、

電線に接触して来そうなものがあるとアカンってことで

伐採しているところがありますが、ああいうところは大抵貰えます。

皆さんそうすると、「処分費浮くからいいよね」って思う方も

いらっしゃると思いますが、
実は逆で、選別して分けておくよりまとめて機械でドーンって
積んでさっさと持って行ったほうが現場としては楽なんですよね。
すぐ現場は動かせますし。

あと山際で造成しているところ。こういうところも狙い目です。

これから春前、3月くらいまでにかけて、

自治体等で管理する山(区有林)とかの伐採が増えて来ます。

こういうのも積極的に声をかけていくといいです。

最後にですが、基本的に好意でひと手間増やして

貰えるようにしてくれることが多いと思いますので、

もらったらだまってさっさと帰らず、
最低限、挨拶・お礼は必ずしてください

人として当然です。

僕は一応、挨拶は当然して、できれば

現場の人には人数分の缶コーヒーを持っていきますし、

プレハブ事務所のある現場だったら

コーヒーを1ケース、

バローとかで買います(1箱で800円くらい安い)し

地主さんだったらビール券を渡してます。

(ちなみに頂く量によって上記お礼の額が変わります)

当然、連絡先を伝え、また機会があれば是非とお願いします。

あと最後に、
チェーンソーの扱いには充分注意しましょうね。
できれば伐採現場ではヘルメットをかぶって。

当然自己責任ですが、
伐採現場でチェーンソーとかで切っているときに怪我はしないように。
現場の人に、大きな迷惑かけちゃいますからね。

1日ワンクリックのご協力をお願い致します。

ブログランキング参加中です。ご協力をよろしくお願いします。(是非とも1日ワンクリックをお願いします。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへワンダーデバイスモチ吉 応援宜しくお願いします。

 

楽天お買い物マラソン
開催期間は2021年3月21日(日)20:00~2021年3月28日(日)01:59
エントリーしないとポイントいっぱいたまりません。エントリーはこちらからどうぞ!
お買い物をするチャンス!是非こちらからどうぞ!

フォローする