ニセアカシア(ハリエンジュ)は、要注意外来生物の外来種だった件

ニセアカシアといったら、ナラのような表皮と断面なんだけど、微妙に黄色い感じの断面だったりする。

ニセアカシア(ハリエンジュ)は、要注意外来生物の外来種だった件

和名はハリエンジュといいます。漢字は「針槐」

これは北アメリカ原産でヨーロッパや日本など世界各地に移植されて、野生化しています。

このニセアカシア、

要注意外来生物

でした。

侵入生物データベース
http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/toc8_plants.html

ちなみに同じく要注意外来生物でいうと、樹木では

ギンネム、イタチハギもそうです。

まあ、どちらも薪材として出会う事はあまり無いかなと思います。

イタチハギは全国に分布しているか。

はい、

ハリエンジュですが、

全国に分布しております。

http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/80150.html

もともとは庭木、街路樹などに導入されたんですが、その用途の中に薪材というのがありますよね。

確かに薪としては優秀な部類だと思いますが、影響としては

河川敷などに生育する在来種との競合,土壌窒素の蓄積,アレロパシー作用
影響を受ける生物:在来樹種

だそうで、

在来種が脅かされるのはさることながら

土壌窒素の蓄積に関しては

http://seneca21st.eco.coocan.jp/working/ogushi/04.html

最終的には地球環境汚染につながるとのこと。

あとアレロパシー作用ってなに?

ってことなんですが、これは

http://www.pref.nara.jp/10777.htm

植物から放出される化学物質が、他の植物や微生物・昆虫に対して阻害的あるいは促進的な何らかの作用を及ぼす現象

だそうです。

ハリエンジュの法的扱いですが

移入規制種(佐賀県 環境の保全と創造に関する条例)

ということで、

駆除方法としては

伐採だけでなく,抜根も必要.切り口への除草剤の塗布

とのこと。

僕はあまり出会う事はありませんが

ハリエンジュは薪材としてなにげに人気がある樹種のようですが、出会ったらグリホサート系除草剤でしっかり根絶やしにしてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする